池袋の質屋は手数料がかからない

池袋に限らず質屋の融資はブランド品や高額な腕時計などを担保にお金を融資します。

こういった金融業はお金の動きが激しい地域で好まれる商売ですので、世界を見ても都市部で質屋と同じ形態のお店は存在しています。

リサイクルショップなどと商売方法が近い質屋は斜陽産業と言われた時期もありましたが、リサイクルショップは買取しか出来ません。

本来の質屋は担保を受けて融資を行う金融業であり、東京の池袋などお金の流れが激しい地域である場合は非常に需要の高い商売なのです。

そのため、東京の中でも池袋は質屋が多い地域となっています。

質屋は美術品や伝統の品など一時的に換金する方法で経営されていましたが、古いイメージや時代劇などの悪いイメージもあり利用されにくくなってきました。

ただし、お金を借りるという事に関しては質屋は歴史も長い商売です。

近年は買取だけではなく質に預ける事でお金を借りる事が出来るスタイルは人気を取り戻してきました。

リサイクルショップなどと比較しブランド品の買取などでは市場に沿った価格で鑑定士が判断してくれる、安心出来るメリットもあります。

またカードローンなどと違い手数料や発行の手間も必要ありません。

しかもローンであれば支払い完了まで終わりはありませんが、質の場合は返済期限までに返済できない場合、質に所有権が移るだけです。

終わりの時期が明確ですので、安心してお金を借りる事が出来るのでメリットが大きいのです。

金利が銀行などの場合、金利が重なるとかなりの金額になりますので、そのあたりの心配がない点も人気の一因になっています。

・ANZEN漫才みやぞんさんのちょっといい話⇒http://news.livedoor.com/article/detail/14348082/

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.