双極性障害の治療方法~病気とうまく付き合う方法②~

双極性障害の治療を受ける中でも、病気とうまく付き合っていくことも立派な治療方法のひとつです。

発病してからなるべく早いうちに、自分が双極性障害であるということを受け入れ、症状は慢性的であり長い時間をかけて治療を行うことが大切です。

他にも、回復への道順として心がけたほうがよいことはあるのでしょうか?

【生活上の注意】

心がけの中で、一番大切な点は無理をせず生活リズムを守ることです。

双極性障害の人は、たった一晩徹夜しただけでも、急激に躁状態になる「躁転」をしてしまうことがあります。

病気の時に徹夜は厳禁です。

毎日の生活リズムを保つ中でも些細なきっかけで躁転してしまうことがありため、躁転の微候があると自覚している時には特に、人と会ったり刺激を受けるような行動は避けた方がよいでしょう。

また、双極性障害の治療を受けている事実や、躁状態になった時に行動面の変化が現れるため避けてほしいことや理解してほしいことなどを周囲に伝えていれば、未然に躁転のトラブルを避けることもできます。

【周囲のサポートも大切】

※記事ピックアップ⇒http://www.excite.co.jp/News/column_g/20161106/Mocosuku_16117.html

双極性障害の患者に対し、家族をはじめとした周囲の人はどのようにサポートすればよいのでしょうか?

たとえば、躁状態の時は、気持ちが高揚しているため自分が偉くなったように感じてしまいます。

家族を大切に思っていることは誰しも同じですが、躁状態の場合は普段は大切に思っている家族に対しても尊大な態度を取ったり、些細なことで罵倒して傷つけてしまうことがあります。

これは病気がそうさせているためであって、本心ではないことが明確なのです。

躁状態が落ち着くと普段の状態に戻るため、患者本人もそうした行動や言動に強い後悔や自責の念を抱えてしまうことが少なくありません。

もし、きつく当たってしまっても「病気」がそうさせているのだと患者に伝え、普段の状態になった時にうつ状態に陥らないようにうまくサポートすることが大切です。

【家族の協力が不可欠】

家族が病気と向き合う中でいちばんやってはならないことは、家族が感情的となることです。

躁状態の患者に言い返して喧嘩の状態になったり、うつ状態の患者を否定するなど感情的な対応を取ることは、病気を悪化させるだけでなく再発を繰り返すという悪循環を招きます。

悪化や再発を防ぐためにも、家族が双極性障害への理解を深めることは大切といえます。

この病気は、症状に苦しむのは患者自身であっても、家族全体に大きな影響を与え家族もまた苦しんでしまうことが往々にしてあります。

家族全体が協力して治療に取り組む事によって、患者のペースを尊重し乗り越えていくことが寛解への道です。