双極性障害は、躁状態とうつ状態に症状が分かれるということを説明してきました。

ですが、双極性障害自体もまた、症状により二つの内容に分かれます。

症状の波の振り幅の大きさで、「双極性障害Ⅰ型」と「双極性障害Ⅱ型」に分けられるのです。

Ⅰ型とⅡ型では、同じ双極性障害でも別物として扱われるため治療方法や治療の内容なども異なることが知られています。

型によって適切な治療を行わないと病気が悪化するおそれがあります。

【Ⅰ型とⅡ型の違い】

ひとことで表すとⅠ型は「躁状態とうつ状態を繰り返す」、Ⅱ型は「軽躁状態とうつ状態を繰り返す」ことに違いがあります。

うつ状態においてはⅠ型とⅡ型で大きな差はありませんが、躁について躁状態と軽躁状態に分かれます。

躁状態は日常生活に支障を来すほどの症状が出るのに対し、軽躁状態は日常生活の支障はあまりみられないのが特徴です。

Ⅰ型の躁状態は多弁・多動・万能感・不眠不休・依存的傾向やそれが引き起こす金銭・対人関係のトラブルなど周囲も振り回されるのに対し、Ⅱ型の軽躁状態は気分の高揚が仕事などのやる気や晴れやかな気分・爽快感に繋がるため、ともすれば好ましい状態なのではないかと思われかねません(ただし、軽躁状態にも多少の高圧的態度はみられます)。

ゆえに、双極性障害Ⅱ型は、軽躁状態が出たとしても判断するのは難しいとされています。

うつ状態の時は、Ⅰ型と同じくうつ病との判別がつきにくく、軽躁状態が出たとしても単にうつ病患者の気分がいい状態に一時的になっているだけなのか、寛解に向かっているのか、本当の軽躁なのか素人目にはわかりません。

ここから双極性障害Ⅱ型は診断が難しい疾患といえるでしょう。

【明確に双極性障害が区別されるわけ】

例えば、うつ病の中にも症状の重さは千差万別です。

日常生活や仕事は何とかこなせる軽度のうつ病から、ほとんど活動ができず一日中横になっている重度のうつ病まであります。

しかし、症状の差はあっても明確に病名として分かれることはなく、「うつ病」とひとくくりにされています。

他の精神疾患も概ねそうですが、なぜ双極性障害だけこのように分ける必要があるのでしょうか?

それは、単に躁状態の症状が重いのがⅠ型、軽いのがⅡ型という違いだけではないからです。

双極性障害は発症のメカニズムから、発症からの経過、治療に使用する薬物などがⅠ型とⅡ型で大きく異なるからです。

同じ双極性障害であっても違う病気としてとらえることが重要です。

双極性障害のうつ状態について説明してきましたが、その対極にあるのが「躁状態」です。

うつ状態は比較的想像がつきやすいのに対し、躁状態はなんとなくのイメージはあれど複雑な症状なため、双極性障害の治療としてどのように投薬するかなど、治療方法も慎重に進める必要があります。

双極性障害の躁状態とは一体どのようなものでしょう。

【双極性障害の躁状態】

簡単にいうと、うつ状態の真反対と考えられます。

「気分の落ち込み」の対極は「気分の高揚」に例えられますが、俗にいう「ウキウキ」「ワクワク」した気分のことを指しません。

どちらかというと、頭の中から溢れ出るエネルギーを持て余し、あらゆることを勢いよくやれる状態を指します。

本人は絶好調に感じているため、調子が悪いとか躁だという自覚はありません。

躁状態のサインであることに周囲が気がつかないことも多く、治療が遅れることにより大抵は振り回され大変な目に遭います。

こんなケースがあります。

本人に支払能力がないのに、勝手に高級外車のローンを組んだりやブランド品を買いあさることがあります。

本人はこれからバリバリ稼いで出世払いのつもりでいますが、病気のためうまくいくはずがありません。

それを責め立てると途端に機嫌を悪くして激昂することがあります。

また、自分は常に正しいと思っているため対人関係のトラブルが頻発します。

【躁状態の細かい症状について】

躁状態の具体的症状には、以下のようなものがあります。

・気分の高揚⇒ハイテンションであることを強制し、自分と同じペースにならない周囲に対して「ノリが悪い」「仕事ができない」などとイライラしやすい状態です。

・自尊心の肥大、誇大妄想⇒「今の自分になら何だってできる」と思い自分が神にでもなったかのような万能感を抱きます。

・睡眠欲求の減少⇒極端に寝なくなり寝ることを嫌がります。

何日も徹夜をして遊びや仕事に耽ります。

・多弁、多動⇒人の話を制してまで自分の意見や考えを延々と話し続けます。

じっとしていられず精力的に動き回ります。

・観念の奔逸⇒本人は頭が冴えわたっていると自覚しているため、会議の席や相談の場でアイディアがどんどん湧いて出ます。

よくよく聞いてみると突拍子もないことを言っていることが多いでしょう。

・その他の症状⇒自分しか見えていないため注意力が散漫になったり、ギャンブルや度を越した飲酒、異性との交遊など快楽的活動に熱中します。