双極性障害の治療を受ける中でも、病気とうまく付き合っていくことも立派な治療方法のひとつです。

発病してからなるべく早いうちに、自分が双極性障害であるということを受け入れ、症状は慢性的であり長い時間をかけて治療を行うことが大切です。

他にも、回復への道順として心がけたほうがよいことはあるのでしょうか?

【生活上の注意】

心がけの中で、一番大切な点は無理をせず生活リズムを守ることです。

双極性障害の人は、たった一晩徹夜しただけでも、急激に躁状態になる「躁転」をしてしまうことがあります。

病気の時に徹夜は厳禁です。

毎日の生活リズムを保つ中でも些細なきっかけで躁転してしまうことがありため、躁転の微候があると自覚している時には特に、人と会ったり刺激を受けるような行動は避けた方がよいでしょう。

また、双極性障害の治療を受けている事実や、躁状態になった時に行動面の変化が現れるため避けてほしいことや理解してほしいことなどを周囲に伝えていれば、未然に躁転のトラブルを避けることもできます。

【周囲のサポートも大切】

※記事ピックアップ⇒http://www.excite.co.jp/News/column_g/20161106/Mocosuku_16117.html

双極性障害の患者に対し、家族をはじめとした周囲の人はどのようにサポートすればよいのでしょうか?

たとえば、躁状態の時は、気持ちが高揚しているため自分が偉くなったように感じてしまいます。

家族を大切に思っていることは誰しも同じですが、躁状態の場合は普段は大切に思っている家族に対しても尊大な態度を取ったり、些細なことで罵倒して傷つけてしまうことがあります。

これは病気がそうさせているためであって、本心ではないことが明確なのです。

躁状態が落ち着くと普段の状態に戻るため、患者本人もそうした行動や言動に強い後悔や自責の念を抱えてしまうことが少なくありません。

もし、きつく当たってしまっても「病気」がそうさせているのだと患者に伝え、普段の状態になった時にうつ状態に陥らないようにうまくサポートすることが大切です。

【家族の協力が不可欠】

家族が病気と向き合う中でいちばんやってはならないことは、家族が感情的となることです。

躁状態の患者に言い返して喧嘩の状態になったり、うつ状態の患者を否定するなど感情的な対応を取ることは、病気を悪化させるだけでなく再発を繰り返すという悪循環を招きます。

悪化や再発を防ぐためにも、家族が双極性障害への理解を深めることは大切といえます。

この病気は、症状に苦しむのは患者自身であっても、家族全体に大きな影響を与え家族もまた苦しんでしまうことが往々にしてあります。

家族全体が協力して治療に取り組む事によって、患者のペースを尊重し乗り越えていくことが寛解への道です。

双極性障害と診断されたら、誰しも不安になります。

うつ病のように適切な治療を行えば寛解するような病気もあれば、双極性障害のようにいちどは寛解に近づいても再発率が高く、治療に長い時間を要する病気もあります。

「治るのか治らないのか分からない」状態は出口のないトンネルのようで、どのような治療方法を行っている場合でも不安はつきまとうものです。

その不安を払拭し、病気と付き合っていくためにはどのようにすればよいのでしょうか。

【病識を持つ】

まずは、自分が双極性障害という病気であること、そして症状があるから治療するということを認識するということが大切です。

それは何も後ろめたいことではありません。

自分が風邪をひいたならば、風邪であると自覚するのと同じことです。

病識を持つことが、寛解への第一歩であり、病気と付き合うことで最も大切といえます。

【信頼できる医師を見つける】

双極性障害は目に見えないうえに、身体の中で最も大切な脳に関する病気です。

医師の治療方針に患者自身が納得し、積極的に治療を受けることが大切です。

医師を信頼していなければ、治療へ積極的に参加することは不可能です。

そのためにも、医師との適切な信頼関係を結ぶことが大切です。

【処方された薬を必ず飲む】

双極性障害の薬は継続的に服用することで、改善へと向かっていきます。

指定された量を決まった時間に必ず飲むようにしましょう。

量を守らず、薬を大量服用することは思わぬトラブルを招きかねません。

調子が悪い時は、頓服を処方してもらうこともできます。

【日々の状態を記録し、生活リズムを整える】

日々の気分や通院日、薬のチェックなどを記録しておくことで自分の体調変化のパターンがよく見えます。

決まった時間に起床・就寝することはもちろんのこと、食事の時間や入浴時間においてもできる限り毎日同じ時間に行うことで生活リズムが整います。

また、食生活においても見直しましょう。

暴飲暴食はもちろんよくありませんし、躁状態を悪化させてしまいます。

甘いものの大量摂取も脳の機能を鈍らせてしまうので控えましょう。

生活リズムが整ったら、軽い運動をすることも大切です。

有酸素運動、たとえばジョギングやウォーキングは効果的です。

ヨガなども自分を見つめるという意味ではお勧めです。

【その他にも・・・】

ストレス解消のための趣味を見つけたり、季節の変わり目は特に体調の変化が大きいため無理をしないで過ごすことも大切です。

また、人付き合いがストレスになることもありますので、無理のない範囲で行うことも大事です。