双極性障害の治療に使われる薬物で、気分安定薬の次によく用いられているのが抗精神病薬です。

治療方法として、気分安定薬とも併用して使われることの多い抗精神病薬ですが、どのような薬なのでしょう。

【非定型抗精神病薬について】

双極性障害の治療に処方される非定型抗精神病薬は、主に統合失調症の治療薬として長らく効果を発揮してきました。

しかし、ドーパミンなどの神経伝達物質を遮断する役割が、双極性障害の治療にも効果を発揮するといわれており現在は双極性障害にも積極的に用いられています。

現在保険適用になっている薬は以下の2つです。

・エビリファイ(アリピプラゾール)

 他の抗精神病薬はドーパミンをシャットアウトする作用がありますが、エビリファイはドーパミン量をうまく調整する役割があります。

ゆえに、穏やかに患者に作用し、副作用が少ないことが特徴です。

とくに躁状態の改善をうながしますが、穏やかに効くため急性期の患者や興奮状態を速やかに抑えるというわけではありません。

・ジプレキサ(オランザピン)

 ジプレキサは強い鎮静作用を持ちます。

躁状態の興奮を抑えると同時に、眠りをもたらす効果もあるため、不眠を訴える患者にも用いられます。

また、陰性症状(うつ状態)にも効果を発揮します。

ジプレキサの副作用は体重の増加です。

特に糖尿病患者への処方は禁忌となっています。

【睡眠導入薬】

双極性障害には躁状態・うつ状態に限らず不眠の症状が出る場合があります。

寝付きが悪い、早朝覚醒してしまうなどの不眠がある際に一時的に睡眠導入剤を処方されることがあります。

主に、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤が処方されていますが、長期服用すると耐性がついてしまいやすく依存を引き起こす場合があるので注意が必要です。

主治医の指示に従い、決められた量を服用するようにしましょう。

また、急な減薬は不眠を助長する可能性があるため、ゆっくり行う必要があります。

睡眠をコントロールし、規則正しい睡眠をとるようにすることが改善への第一歩です。

【抗うつ薬は躁転に注意】

双極性障害のうつ状態の治療で、抗うつ薬を服用した場合、うつ状態から急激な躁状態が出現する躁転が引き起こされることがあります。

例えば、双極性障害と気づかずうつ病だと思い込んでうつ病の治療をしているケースがあります。

治療の過程や、以前の病歴で少しでも躁状態に近い症状が現れたら、主治医に伝え適切な診断を受ける必要があります。

双極性障害の治療方法のうち、ほとんどの患者に用いられているのが薬です。

薬物療法に使われる薬には気分安定薬と抗精神病薬が代表的です。

また複合的に不眠などの症状があれば、並行して睡眠導入薬を用いることがあります。

【気分安定薬について】

双極性障害の治療にいちばん多く用いられている薬といえば気分安定薬です。

気分安定薬は躁うつの気分の波を小さくし、その名の通り気分を安定させる効果があります。

気分安定薬がなぜ躁とうつの両方に効果があるのか明確に解明されてはいませんが、神経系統に何らかの作用を及ぼすためといわれています。

代表的な気分安定薬は以下の通りです。

【代表的な気分安定薬】

・リーマス(炭酸リチウム)

 双極性障害の治療に使われる最も代表的な薬です。

その歴史は数多くある精神疾患の薬の中でも古く、日本では1980年から取り扱われています。

リーマスは躁状態、うつ状態いずれも和らげる作用があり、さらに再発を抑える効果があります。

特に躁状態への効果が高く、衝動による自殺行為を防ぐ意味合いでも用いられています。

この薬の注意すべき点は副作用です。

リーマスの主成分であるリチウムは双極性障害に効果のある処方量と中毒域の量がたいへん近いため血中濃度が一定数を超えるとリチウム中毒を引き起こしかねません。

気分がもうろうとしたり、嘔吐する場合はすぐに服用をやめましょう。

そのため患者には血液検査が課されます。

また妊婦が服用すると、胎児に影響を及ぼすため処方は禁忌です。

・デパケン(バルプロ酸ナトリウム)

 リーマスと並んで古くから双極性障害に用いられているのがデパケンです。

元々てんかんの薬として処方されてきましたが、イライラや不機嫌を伴う躁状態に効果があるとされています。

リーマスと同じく躁状態と再発予防に効果がありますが、うつ状態の改善は弱いといわれています。

また、肝臓への負担がかかるため服用している人は定期的な血液検査で肝機能を調べることが義務付けられています。

・ラミクタール(ラモトリギン)

 近年用いられつつある双極性障害の治療薬です。

どちらかといえばうつ状態に効果を発揮します。

まれに皮膚のかゆみや湿疹などの副作用があるため、少量から処方する必要があります。

・テグレトール(カルバマゼピン)

 デパケンと同じく元はてんかんの薬で、抗躁作用があるとされています。

しかし、抗うつや再発予防の明確な効果は確認できておらず、副作用もあるため上記の薬で効果が期待できない場合や他の治療方法と併用して使われることが多いです。

ここまで双極性障害の病気の内容や症状について説明してきましたが、適切な治療を受ければ完治するのしょうか?

結論からいうと、ケガや身体的な病気とは違い、精神疾患は完治という言葉をあまり使わず、長らく症状が落ち着いている「寛解」という言葉を用います。

双極性障害は、やはり発症のメカニズムや経過が複雑であることから寛解の状態に持っていくことは難しい疾患といえます。

しかし、早期に適切な治療を開始すれば、時間はかかっても普通の生活を送ることが出来る病気といえます。

双極性障害の治療の目標は、繰り返される躁状態とうつ状態からの回復、及び寛解が長く続き再発しないようにすることです。

具体的な治療内容としては、薬物による治療と心理・社会的治療が用いられます。

薬物治療と心理・社会的治療を組み合わせて双極性障害の治療を進めていくことが好ましいでしょう。

【薬物による治療について】

やはり双極性障害の治療のメインは薬です。

特に双極性障害Ⅰ型の薬物治療は、長期間にわたって継続していく必要があるため途中で服薬をやめてしまったりすると余計症状が悪化することがあります。

自分は病気であることを受け容れ、服薬し続けることが大事といえます。

症状を安定させ、コントロールしながら社会復帰をすることができれば、治療は成功といえます。

薬物治療には、気分安定薬もしくは抗精神病薬が用いられます。

・気分安定薬・・・文字通り、気分の波を小さくする効果があり、双極性障害の躁状態とうつ状態の治療と予防に効果のある薬です。

その中でも炭酸リチウムは歴史が古く、現在も安定して用いられている気分安定薬の代表格です。

躁状態とうつ状態の両方を抑えることができ、双極性障害の幅広い症状に対応することができます。

しかし、処方量がリチウム中毒になる値に近いため、患者は定期的に血液検査を行う必要があります。

・抗精神病薬・・・元々は統合失調症に用いられていた薬であり、脳内のドーパミンを制御するはたらきがあります。

もちろん統合失調症と双極性障害は異なる病ですが、双極性障害の発症原因もドーパミンが寄与しているといわれており、この二つの病には共通遺伝子があることがわかっています。

とくに抗精神病薬の中の「多元受容体作用抗精神病薬(MARTA)」に分類されているものが抗躁や抗うつに適しており、気分安定薬と一緒に使うことにより治療に効果を発揮するといわれています。

糖尿病の患者には処方ができないので注意が必要です。